整体師になるには知識と技術が必須です|学校で資格を取ることも可能

女性

はりときゅうの専門家

鍼

鍼灸師は国家資格であることや活躍できる幅の広さ、転職や独立に強いことなどの理由により人気となっています。鍼灸師という資格はなくはり師ときゅう師の資格保有者のことであり、別々の資格ですが、同時に受験することで免除科目もあります。

もっと知ろう

高齢化でますます活躍

カウンセリング

義肢装具士は、技術職ですが、患者や医療スタッフとのコミュニケーションが求められます。そして、高齢化により、存在意義が高まる専門職です。さて、義肢装具士になるには、大学や専門学校の卒業が原則必要です。卒業後には、国家資格の合格が求められますから、学校の試験対策や合格率を比較した学校選びが大切です。

もっと知ろう

整体師として働くには

男の人

資格が必要なのか

整体師になるには整体師という法的に決められた必須の資格はないので、誰でも働くことができます。しかし、患者様の体に直接触れて施術を行っていく必要があるため、知識が全くないかたには施術してほしくないと感じます。整体師になるには、最低でも体の構造や人間の持つ体の自然治癒力を引き出したりする知識が必要になります。また資格が必要ないため、なりたいと思ったらなれる職業でもあり、施術力や人気も必要になります。専門的な知識を身に着けるには、整体師になるには、整体師養成学校や講習会、セミナーなどで知識を深め、整体師に必要な勉強をすることができます。実際の施術にはカウンセリングや問診を行い、患者様の悩みをくみ取り、症状が開放に向かうような施術を行っていきます。整体師になるには、資格が必要ありませんが、知識がない整体師のところには患者さんはやってきません。

患者様に信頼されるには

整体師になるには、整体院で働きながら専門知識を深めていくという方法もあります。現役の整体師から直にテクニックや知識を学ぶことができ、さらには整体院で働きながら勉強ができるので、勉強している期間の収入の心配もいりません。また、いきなり整体師を名乗って個人で開業するのは難しいです。まず整体師になるには、整体院で働き知識と技術を高めることをおすすめします。さらに、整体師になるには患者様とのコミュニケーション力も求められます。整体の技術のみを高めるだけでは、患者様との関係を築くことができません。そして、整体師は誰でもなることができるので低価格やライバル整体院も少なくないので競争が激しいです。整体師になるには、高い技術力と接客力が求められます。